カテゴリー

open | close

アーカイブ

open | close

祝!初鯉!

寒気が強まり気温も水温も下がり、雪混じりの風も吹き荒れる最悪のコンディションに釣行するか悩みましたが、初鯉に会いたい気持ちが勝り近場の河川へ初釣りに行って来ました。到着後しばらく水面を眺めても生命感もなく、鯉の姿も見えません。さすがにこの冷え込みでは浅場は厳しそうなので少しでも鯉が居る可能性の高いポイントを探すことにしました。風が直接当たらず、他のエリアより水深があり、鯉達が好むあたたかい泥底。そんな理想に少しでも当てはまるポイントを探して釣り開始です‼ボイリーの釣りで悩むのはフィーディングの量ですが、今回は、ピンポイントでポイントを狙い撃ちするのと、寒気の影響で活性が落ちているのを考慮してツナモルツをごく少量にしました。しかし、少量でも鯉にアピールはしたいと思いツナモルツのリキッドをフィーディング用のボイリーに染み込ませます。これなら少量ながらも臭いやオイルでアピールして鯉の食い気も促進することが出来ると考えたからです‼フックベイツはツナモルツの15mmに泥底でもアピールできるイミテーションコーンをセット‼投入後30分程でアラームが鳴り響きました。鯉の心地良い引きを楽しみネットイン。嬉しい今年の初鯉となりました‼今日の目的である初鯉をあげることが出来たのでこの一匹で満足して終了しました。初鯉の記念にとダッコ写真を撮りましたがあまりの寒さに顔は強張る一方でした(笑)
冬も本番を迎えて鯉釣りには厳しい季節です。しかしユーロカープベイツは栄養価に優れているので、厳しい冬でも鯉にアピールできるボイリーです‼消化性もとても良いので1度食べた鯉はその味を覚えて、また探し回ります‼その場かぎりの釣りだけではなく、次回を見据え 、そして未来を見据えて鯉釣りフィールドを育てていけるボイリーになっています‼ユーロカープメンバーがテストを繰り返し、自信を持ってお薦めするユーロカープベイツ‼お試しください‼

レポート/ Manabu Naito

相模川大会へ参加

皆さん、明けましておめでとうございますm(__)m 今年もよろしくお願いいたします。 2017年の初釣りとして、湘南巨鯉会主催の相模での大会に参加してきました。 相模川での釣りは2年ぶりになります。 事前に見て回る事が出来なかったので、以前何度か竿を出したことがあるポイントに入りました。 ここは中洲が終わって、馬の瀬が続いている所で、そこを超す為に遠投が必要となるポイントです。 遠投は好きなので、初釣りから思いっきり投げられるのは気持ちがいいです(笑) 先ずはアタリが欲しいので、自分の冬の鉄板である、メインラインのエッセンシャルibの15mmからスタート。 競技時間が短いので、フィーディングはせずに、PVAネットに砕いたボイリーと同じく砕いた、バナナミルクペレットを詰めて投入。 狙い通り、すぐにアタリがあり、小さいながらも、初鯉をゲットする事が出来、ホッとしました(^_^;) 魚は居るようなので、テストボイリーのダークスクイドに切り替える事に。 同じく砕いたボイリーをネットに詰め、リキッドを少し添加しました。 しばらくしてアタリがあり、2本もゲット。 北風が出てきたら、アタリが止まってしまったが、風が緩んだ時に、打ち返すと再びアタリ始め、トータル5本の鯉を上げる事が出来ました。 大会結果はチームの聡さんが4位、自分が5位と入賞する事が出来ました(^^)v 冬の低水温時期でもダークスクイドが力を発揮してくれたおかげです。 初釣りから調子が良かったので、この調子で今年も頑張っていきたいです。
レポート/ Yusuke Naito

新年あけましておめでとうございます

名称未設定アート 1-w800-h800

ユーロカープベイツ ツナモルツ!

今年も残り僅かになりました。年末のバタバタのなか、なんとか時間を作り近場の都市河川に癒しを求めて行って来ました。使用したボイリーは、今年ユーロカープから新発売になり、今やユーロカープベイツの主軸でもあるツナモルツ。フィーディングの下地としてもフックベイツとしても最高のボイリーで、今年は数々の鯉との出会いをツナモルツが叶えてくれました♪浅場でエサを探す鯉の上流に回り込み一握りのツナをパラパラと撒きます。リグはシンプルにツナモルツ15mmシングル。開始30分程で心地良いアラーム音が鳴り響き久しぶりに鯉の顔を見ることができました。その後2本追加して三時間の間に3本の鯉を釣り上げることができました‼

ポカポカ陽気のなか久々に聞くアラーム音に、鯉の強烈な引き。数時間の釣行でしたが、心身ともにリラックスすることができました。

来年も今年以上に楽しい鯉釣りをしていきたいと思います♪


レポート/ Manabu Naito

PVA BAG 入荷しました。

大変お待たせしておりましたPVABAGが入荷いたしました。