カテゴリー

open | close

アーカイブ

open | close

ダウンアイ フックについて

今回は、前回アップしました内藤祐介の汽水域の動画から使用していた針について問い合わせがありましたので、改めてご紹介したいと思います。

動画内で使用していたのは「ダウンアイ♯6」になります。このダウンアイというフックは1番上の糸を通すリング(アイ)を内側に曲げたフックになります。アイを内側に曲げると、鯉の口にフックが入った際、針が立ちやすくなります。また、軸を少しカーブさせる事によりフッキング後の保持力が向上し、安定したやりとりが出来ます。また、針先がストレートポイント(真っ直ぐ)な事により、より貫通力が良くなります。しかし、その形状から鯉の口に入り辛いというデメリットも存在します。ですのでベイトサイズに合わせてフックの大きさを調整したり、ハリスを変えたりと工夫が要ります。

上手く使えば心強いフックです。ユーロメンバーもボトム系のリグを使う際にはこのダウンアイをメインに使う事が多いです!

フックサイズは#2、#4、#6の3種類があり、数字が小さいほどフックサイズは大きくなります。ベイトサイズや状況に応じて使い分けてみて下さい!!

いよいよシーズンイン間近です!今一度リグの確認をお忘れなく^_^

また、ユーロカープベイツも!!

レポート/Akira Kurosawa

シーズンイン!

休みが取れたので半日ですが友達のバス釣りがてら河口湖へ行ってみることにしました。

暖かい晴れた日が続き釣行日も午前は晴れる予報なので日光が底まで届くポイントの方がチャンスあるかと水深2mのシャローフラットのゴミだまりをポイントに設定しました。フィーディングにはかなり迷いましたがCSLペレットとブラッドワーム、バナナ、クランベリー各15ミリをクラッシュしたものとそのままのものをラージスポム二杯分撒いて、フックベイツにバナナワフターとブラッドワームpopup15ミリのチョドリグに決めスタートしました。5時間打ち返しせずに辛抱するとチョドリグに待望のアタリがあり今年初の河口湖カープを手にする事が出来ました。

まだまだハイシーズンには程遠い河口湖ですが、攻め方次第で鯉の顔を見る事ができるかと思われます!

レポート/Shunpei Fukasawa

春うらら!

週末は川と池での釣行。
川ではブラッドワームとクリルを使いました。
ここでは軽くフィーディングをしておくと割と当たりが早いので、フィーディングしてからの投入。
すると開始1時間半ほどで最初のアラーム!
大きくはなかったけどコンディションのいい元気なナイスガイが釣れました。
終了まであたりはあるもののフックアウトで初日はここまで(笑)
気持ちもリセットし、翌日は池に行きました。
朝から気温も高く最高気温も暖かい日だったのでブラッドワームで勝負する事にしました。
フィーディングもしっかりしてから投入開始!
すると割と早い段階で1本。そして午後は1本でした。
仕掛けはブラッドワームシングルを2本、ブラッドワームのポップアップという感じでやはりシングルに2本ヒットしてきました!
2日ともなかなかの釣果に満足!

レポート/Hikaru

Blood worm!!

Bloodworm

いよいよブラッドワームベイツの販売が開始になりました!
今回のニューベイツは他のユーロカープベイツと同じように高栄養価は勿論、ブラッドワームをそのまま入れて仕上げてあります!
そんなブラッドワームを持って汽水域で実戦使用してきました。
年間を通して豊富な餌がある汽水域で、グルメな鯉が果たして口を使ってくれるのか!?
この模様は近日中にユーチューブのEURO CARP TV にアップ予定です!
今回のプレゼンターは内藤祐介です。彼が攻める汽水域攻略法は…
是非ご覧ください^_^

レポート/Akira Kurosawa