カテゴリー

open | close

アーカイブ

open | close

DELKIM入荷しました!

至福の一尾

先のレポートでもあるように、先日は、チームユーロの末っ子、駿平くんとの勝負でまさかのボウズをくらい惨敗してしまいました(笑)その心の傷を癒してくれるような鯉を釣るために、大好きなフィールドに行って来ました!今回の釣行の3日前に下見に訪れて決めたポイントは越冬場所にもなる泥底のディープエリア。冬を意識して深場を回遊する大型に狙いを定めて、ツナのリキッドをたっぷり染み込ませたツナモルツの20㎜をフィーディングしておきました。釣行当日は同じくリキッド漬けのツナモルツ20㎜をフィーディング。フックベイツにはバナナのワフターを選択しました。泥底でも埋もれることなく、バナナの甘いフレーバーと鮮やかな黄色の色合いでアピールしてくれるオススメのフックベイツです!キャスティング後にラインをしっかり底に這わせてからスインガーをセット、あとは待つだけです。投入から7時間後、遠慮がちにアラームが鳴り始めました。底無しのスタミナで縦横無尽に走り回る鯉をなんとかいなしてネットイン。検量すると、うれしい今年の自身最大魚でした。この圧倒的な迫力はまさに淡水の王様そのものでした!こんな素敵な鯉に出会えた幸せを噛み締めながら帰路につきました!

冬を間近に控え、越冬に向けて栄養を蓄える鯉にとってユーロカープボイリーの栄養価の高さ、消化の良さはとても効果的です。ユーロカープのボイリーを含めたリキッド、オイルスプレー、各種フックベイツなど様々なアイテムを使い、素敵な鯉との出会いを楽しんでみてください!

フィーディング ツナモルツ20㎜リキッド漬け

フックベイツ バナナワフター15㎜

レポート/ Manabu Naito

仲間と一緒に楽しむ!

チームユーロ内抗争!チームユーロの内藤学さんと決着を付けるために近くの小河川に向かいました。前回の秋の河口湖大会で隣に入り、数、サイズ共に打ち負かす予定でしたが、大会は色々と訳ありで決着が付けられませんでした。笑笑

ルールは2時間半の釣行、バーブレスフックを使用し釣れた鯉の長さの合計で勝負としました。

結果は212㎝対0で自分の圧勝となりました!

匂いの強いクリルをフィーディングに使い、水中で目立ち、さらに吸い込みやすいバナナワフターをフックベイツに使ったのが型にはまったように感じました。

次回からはチームユーロのエース内藤祐介さんも参加予定で、まだまだチームユーロ内抗争は続きそうです…。

釣り仲間や家族、友達などと競いながらの釣行も普段と違った楽しさがあります!他にも、数釣りを楽しむ釣り、記録を求める釣り、バーベキューやアウトドアを楽しみながらの釣りなど、カープフィッシングには様々な楽しみ方があります!ユーロカープベイツ片手にそんなカープフィッシングに出掛けてみてはいかがでしょうか!

レポート/ Shunpei Fukasawa

初心を忘れない

「鯉は1日1寸」…古より、鯉釣りの難しさを表した熟語で今も耳にすることがあります。今回はまさにこの言葉を実感しました。

以前釣り場で知り合ったフレッシュアングラーのMotoyoshi君と一緒に竿を並べて来ました!

今年からカープフィッシングを始めた彼を見ていると、1匹を釣る難しさ、また釣れた時の嬉しさを改めて感じました。

底探り、フィーディング、キャスティングetcこのポイントで1匹の鯉に巡り合う為に毎日考えていたのに、当日は中々イメージ通りに行かず苦戦していました。タイムアップ寸前で来た当たりに、自分も思わず「来たーー!」と叫んでしまいました。

あそこのストラクチャーに巻かれないように、手前の朽木に巻かれないようにと必死にやり取りしている後ろ姿は、本当に楽しそうで、ヤッパリ鯉釣りはこうでなくちゃな!と再確認しました。

可愛い鯉でしたが、彼の中では強烈に印象に残る鯉なんだろうなと、思いながらタックルを片付け、再開を約束して帰路に着きました。

少しでも、思い出になる鯉を釣るための手助けが出来るように、勤めて行きたいと思います。

レポート/Akira Kurosawa

お待たせしました!

いつもユーロカープをご利用いただき誠にありがとうございます。

大変お待たせしておりましたLead Coating powderが入荷いたしました。

またLead Core 45lb Camogreenも入荷いたしました。

11月13日(火曜日)発売となりますのでよろしくお願いいたします!