カテゴリー

open | close

アーカイブ

open | close

One Day Tournament

この度は「2018 ONE DAY TOURNAMENT」に参加頂きありがとうございました。

※大会結果につきましては近日中に「ONE DAY

TOURNAMENT特設サイト」で公開いたしますのでしばらくお待ちください。

半河口湖情報!

いよいよ今週末はワンデートーナメントです‼

そんななか河口湖……ではなく精進湖に行ってきました。(笑)フィーディングはツナモルツのリキッド&オイルスプレー漬け。フックベイツはバナナワフター。結果は午前中やって2本でした!

精進湖は増水と濁りでディープエリアにはあまり魚がいなかったので、フィーディングボイリーに一工夫して鯉を寄せました。

ワンデーが行われる河口湖は濁り大丈夫なようですが、ほぼ満水に近いぐらいに増水しているようです。釣り座も狭くなっている場所もあるようなので下見に行く際は十分、気を付けてください。シャローエリア、ディープエリア、ストラクチャー周り、などいろいろなポイントがありますが、やはりウィードがキーワードになるかも知れません!それぐらい今の河口湖はウィードが多く色々な魚が着いているそうです!今から週末の準備をされる方は、ウィード対策も頭の片隅に置いて準備すると良いかもしれません!

週末、皆様に出会えるのを楽しみにしています。くれぐれも気を付けてお越しください。

レポート/manabu NAITO

ワンデートーナメント開催のお知らせ。

北海道地震、台風21号で被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

2018

ワンデートーナメントに多数のエントリーを頂き、誠にありがとうございました。

9月15月日 土曜日の受付は午後13〜16時となっております。

13時よりスタッフによる「釣り相談コーナー」「各種イベント」を用意しておりますので是非ご参加ください。

開催日はシルバーウィークで渋滞が予想されますのでお時間にはゆとりを持ってお出かけ下さい。

西湖は朝晩の冷え込みや、雨などに備えて厚手の上着やレインコートなどをご持参ください。また、車中泊の方は毛布などお忘れなく。

それでは会場でお会い出来ることを楽しみにしております。

道中気を付けてお越しください。

ユーロカープ スタッフ一同

※9月14(金)15(土)16日(日)はワンデートーナメントの為、お休みさせて頂きます。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

河口湖情報!

北海道地震、台風21号で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

ワンデートーナメント前の情報収集に河口湖に行って来ました。

8月31日 大池公園

ウィードの切れた沖の水深7メートルをポイントに決定。フィーディングはクリル、ツナ、ナッツ各20ミリを500グラム。

9時間後に初ヒット。フックベイツクリル20ミリ。釣果一本のみ。

9月4日 長崎

同じくウィードの切れた沖の水深7メートルを狙う。フィーディングは同じ物を500グラム。ウィードの上でもじりは見られるが6時間待っても当たりがないので、一本を岸から5メートルほどのウィードの手前に入れてみる事に。ウィードの中の魚を誘い出すためにテスト中のクリルペレットとフックベイツのみ投入。すると2時間程で当たりが貰えるがそのままタイムアップ。

9月9日 ハワイ

今回はシャローエリアを攻めたかったのでハワイに決めた。ウィードの手前の2メートルをポイントに決定しフィーディングは同様に500グラム。1時間程で初ヒット。しかし2本目、3本目はウィードに突っ込まれてバラし。やりとり中に100%オモリを落とせるようにヘリセーフに仕掛けを変えるとやり取りがしやすくなり、釣れる度追加フィーディングを行い、コンスタントに数を伸ばす事に成功した。

ディープエリアではウィードの中にいる魚をどう誘い出すのか工夫が必要だと感じました。

また、台風後で各河川からかなりの水量が流れこんでいるので、川の流れ込みの絡むポイントやシャローエリアでは鯉が積極的に餌を食べている印象が残りました。

まだ1週間あるので状況はまた変わってくるかと思いますが、何かのヒントになればと思います。

一本の釣果が結果を大きく左右するワンデートーナメント。どこのエリアでもほとんどウィードが絡んで来ます。中にはかなりウィードが濃いエリアもありますので、やりとり中に確実にオモリを落とせる仕掛けがあった方が良いかと思います。

レポート/ shunpei FUKASAWA

秋シーズン開幕!

酷暑なった夏も終わりに近づき、いよいよ秋シーズンです。今回は精進湖に行って来ました!久々に訪れたので先ずは底探り。足下から急にかけ下がった先の水深6mライン、砂利底と砂地変わり目をポイントに決めました。フィーディングに撒いたのは、この秋よりテストが始まったクリルペレット。これを半切りにしたツナモルツの15㎜と共にスポムで撒きました。釣りは翌日の朝からスタート。フックベイツに使用したのは、いよいよワンデー当日に発売になるバナナワフターの15㎜。クリルペレットを入れたPVAをぶら下げて投入しました。30分後、竿先が跳ねてラインが引き出されました。一匹目に釣れたのは精進湖では珍しい70㎝程のミラーカープ。直ぐにリリースして再びバナナワフターを投げ入れ、追加のクリルペレットをフィーディング。その後は怒濤の七連続ヒット!内2匹はバラシてしまいました。雨足が強まったので早めに納竿しました。最大サイズは70台でしたが、溶岩帯に生息している鯉達は、細身ながら尾っぽが大きく、筋肉質で素晴らしい引きを楽しませてくれました。

今回はクリルペレットの集魚力に驚かされ、バナナワフターの完成を実感した釣行になりました!

いよいよワンデートーナメントが近づいてきました。参加者の皆さんに出逢えるのを楽しみにしています!

レポート / manabu NAITO