カテゴリー

open | close

アーカイブ

open | close

大会明けも好調!

大会中は寒かったですが、その後は気温も高くて期待が持てそうなので、河口湖に行って来ました。 ポイントは水温の上昇と、今年はディープばかり攻めていたので、シャローにする事に。 予想通り水温が上がっていて、また魚のモジリも多く期待が持てそうでした。 フィーディングはヘンプ、メイズ、タイガーナッツを2kg、クリルとナッツエナジーの20mmを撒いて、仕掛け投入から2時間後に一本目が来ました。 サイズは80台だが、シャローの鯉は走るのでとても楽しいです。 もう一本のロッドにもアタリがあり、同サイズをゲット。 しかしその後、東からの風に変わり、天気も曇りになったら、アタリが遠退いてしまいました。 しかし、時折西風の暖かい風に変わるとまたアタリだし、いろい風が吹く度に連続で当たってくる感じでした。 結果、90台3本、トータル17本と釣れ、またミラーカープも2本釣れてなかなか良い釣行となりました。レポート/ Yusuke Naito

河口湖大会レポート5

河口湖大会に参加してきました!ポイント選びに、シャローかディープでギリギリまで悩みましたが、今回はシャローを選びました。底を探り、沖のウィードが切れた水深4メートル弱にポイントを決め、そのエリアに薄く広くヘンプ、タイガーナッツ、ナッツミックス、ツナモルツ20ミリ、クリル20ミリ、ナッツエナジーをフィーディングしてスタートしました。

初日は雨が冷たく、ターンオーバーもあり厳しいスタートになり数本のキャッチに終わりました。しかし2日目以降は天気が回復し気温も上がり、活性が高くヒットを連発し、結果93センチを頭に合計22本となりました!

フックベイト、クリル15ミリ20ミリ、ツナモルツ20ミリ
目標の入賞とはなりませんでしたが、とても楽しく参加させていただきました!大会主催の役員の皆様、大会参加の皆様お疲れ様でした!! 

レポート/ Masaya Kurabayashi

河口湖大会レポート4

河口湖西湖鯉釣り大会に参加して来ました。金曜の開始時間からポツリポツリと釣れていましたが、夕方から降り始めた冷たい雨の影響で鯉の活性は急降下。明けて土曜日も苦戦を強いられました。鯉の気配はあるのにアタリは出ない。そこで食い渋る鯉の活性をあげるためユーロカープヘンプとナッツミックスパウダーを混ぜた物をスポットで薄く広くポイント全体に撒きました!フックラインは細くしてフックサイズも小さく、より繊細な釣りを心掛けました!その後は再びアタリ始めて計12本の鯉と出会う事ができました!最大は92㎝で残念ながら入賞には届きませんでした。しかし、刻一刻と状況が変化していく中で悩み、考えて釣り上げる過程は良い経験になりました!この経験を今後に活かしていきたいです!フィーディング…ツナモルツ20mm、クリル20mm、ナッツエナジー20mm、ヘンプ、ナッツミックスパウダー。

フックベイツ…ツナモルツ15mm

レポート/Manabu Naito

河口湖大会レポート3

3年ぶりに河口湖大会に参戦してきました。事前に第1 ディープエリアと第2 シャローエリアを決めていましたが、ディープは先攻者がいた為、シャローに入る。水深3.5~4mへクリル&ツナモルツ15mmをフィーディングしました。前日からの厳しい冷え込みからか初日はノーバイト。土曜朝は冷え込みが緩み、多くのもじりがあり期待大。ファーストバイトはクリル15mm&パイナップルPUのスノーマン。最終日朝は更に暖かくなり活性が凄かった。片付け前1時間でダブルヒット含め、90台が3本。その中の1尾で10位入賞できました。トータル13ヒットで90台5本と80、70台の計7本。6バラシと課題を残しました。しかし、クリル&ツナモルツは絶大です‼️レポート/ Satoshi Hagiwara

河口湖大会レポート2

河口湖・西湖鯉釣り大会に参加してきました!今回はフックベイツをテスト中のナッツエナジーで最終日まで通すと決めて臨みました!!

大会の前から急激な冷え込みと、大会スタート直後に大雨という予報が出ており、かなりポイント選択に悩んだのですが、ディープエリアに釣り座を決めました。

スタートすると天気予報通り雨が降り、かなり厳しい展開が続きました。

追加フィーディングにナッツミックスを混ぜたり、フィーディングベイツを15ミリに落としたりと工夫し、なんとか10ヒットし7本キャッチする事が出来ましたが、近くに入っていたメンバーは数も型も釣っており、腕の未熟さと課題の残る大会となりました。

しかし、タフコンディションでナッツエナジーのテストが出来たのは良かったです。この経験は今後フィードバックしていきたいです。

最後に関係各所の皆様、会場で声を掛けて下さいました皆様ありがとうございました!!
レポート/ Akira Kurosawa